友だち追加
エクステリアパーク
マドリエ真岡
LIXILリフォームネット
日本住宅保証検査機構
車庫まわり


車庫まわりにこだわろう!!

カーポートのコーディネートもホテイヤエクステリアにお任せ下さい。

車のサイズや敷地条件について考えて選びましょう!!



どう決めるの?

ムダのないカーポートサイズの選び


真夏の日差しや冬の霜などから愛車をガードしてくれるカーポート。さまざまなバリエーションがあり、いざわが家に設置するとなったら、何をどう選べばいいのか迷いますよね。カーポート選びで重要なポイントのひとつが「サイズ」!寸法を間違えてしまうと、駐車場スペースが無駄になってしまったり、せっかくのメリットが発揮できなかったりすることも。きちんとサイズを確認して、最適なサイズのカーポートを設置してくださいね。


カーポートのサイズの基本を知っておこう


カタログなどでは、カーポートの寸法を幅(W)=「間口」、長さ(L)=「奥行き」、「高さ」(H)で表記しています。それぞれがどの部分を指すのか、知っておきましょう。


幅(W)=「間口」

車の入口部分の寸法を指し、置く台数によって最も大きく変動する部分。車を出し入れする時の回転半径やドアの開閉なども考慮して、車体の幅よりも余裕のあるサイズを。

長さ(L)=「奥行」

カーポート全体の長さで、車体の全長+60cm~が一般的。ただし、2台以上の車を縦列駐車する場合などは、必要な奥行も変わってきます。

高さ(H)=「柱の高さ」

カーポートでは、一般的に「柱」の高さを指します。車体の高いワンボックスカーや、キャリアーを取り付けている場合は、それに応じた高さに。設置する場所の傾斜なども考慮しながら検討することが大切です。


あなたの車のサイズは?

カーポートを選ぶ時は、駐車する車のサイズを知っておくことが先決。正確なサイズを車検証などで確認しておきましょう。さらに、ドアの開閉方法や形状などもチェック。スライドドアなら省スペースですみますが、スポーツカーのようにドア幅の大きなものはカーポートとの幅にも余裕が必要になります。「今どんな車に乗っているか」はもちろん、「将来どんな車に乗るか」も考えながら選ぶといいですよ。


駐車スペースの形状は?

駐車スペースは、前面道路との位置関係、つまり車の出し入れのしやすさによって、適した形状やサイズがあります。


置く車の台数は?

1台用「間口」は約2400㎜~が一般的で、このサイズだと大半の車は屋根の中に納まります。車体の幅が広い、車から乗り降りする時に雨に濡れたくない、といった場合は間口の広いタイプがおすすめです。

1.5台用 自転車やバイクなどを置いたり、作業スペースなどを確保したい場合。1台用と比べると、「間口」「高さ」は同じサイズで、「奥行」が長いのが特徴です。車体の長さ+約1400㎜の余裕があれば、自転車2台は十分止めることができます。

2台用 2台を並列で駐車するための必要最低限の「間口」は約4800㎜~。車のドアを開け閉めする時、お互いが接触しないようなサイズを選びましょう。縦列駐車の場合は、1台用の2倍の「奥行」を確保できるスペースが必要です。


どんなデザインがあるの?

カーポートのデザインは、屋根の支持方法などによってさまざまなタイプあります。駐車スペースの条件や外観とのコーディネートなどを考えながら検討してくださいね。


ホテイヤエクステリアならこんなカーポートがあります。


番外編 冬に向けた霜対策に便利なカーポート

カーポートでラクラク霜対策

翌日の天気を気にしたり、定期的にフロントガラスの掃除をしなくても、カーポートを設置すれば大丈夫。フロントガラスに降り注ぐ霜を防ぐだけでなく、雲のない夜にはカーポートの屋根が雲の代わりになって、地面から大気中に放出される熱を抑えます。地表付近からの熱がカーポート内に留まるので、フロントガラスの温度低下が抑えられ、水蒸気が霜になるのを防いでくれます。

カーポート工事の基礎知識!!

カーポートの標準工事について

カーポートの標準工事とはなに?

ホテイヤエクステリアでのカーポート標準工事対応について説明します。

カーポートの標準工事は柱位置の掘削作業・カーポートの本体組立作業・掘削した柱位置にコンクリートを流し込む作業になります。

コンクリート部分やアスファルト部分を砕く(ハツリ工事)作業は、別料金が発生します。

又、柱穴の掘削した土・石等の処分も別料金が発生します。※敷地内に処分する場合は、処分費がかかりません。


ハツリ工事について





カーポート施工でハツリ別途料金て掲載してるけどハツリってなにかな??



①ハツリ工事はカーポートの柱を埋め込む際の柱位置にコンクリートやアスファルトがある場合に撤去作業を行う事を指します。

動画は撤去部分に切り目を入れる作業です。

②コンクリートに切り目を入れ終わったら専用工具でコンクリートを砕く作業を行います。(動画は砕く作業です。)



ブロック塀のすぐそばには、土や砂利で覆われていてもコンクリート基礎が隠れていることがあります。

その時はハツリ工事を行う場合があります。

車庫まわり