友だち追加
マドリエ真岡
LIXILリフォームネット
日本住宅保証検査機構

トレンド特集

夏に向けた日差し対策の準備は如何でしょうか??


暮らしの中のちょっとした困りごとが、いつの間にか大きな問題になっていませんか??


夏の暑さ対策をホテイヤエクステリアがお手伝いを致します。


日によって40度を超える地域もあるほど、日本の夏は暑くなっています。平均気温も100年前と比べて1.1度上昇していると言われています(気象庁データ)。そんな厳しい夏の暑さは、家の中にいても不快に感じることがあります。冷房のつけっぱなしで体調を崩したり、光熱費が高くなったり…。夜も暑さで寝つけず、いつも寝不足に…。そんな中、夏の住まいでみんなが困っているのはどんなことか調査、ランキングにまとめてみました。

※季別困りごとと窓サッシリフォームの受容性調査(LIXIL調べ)



冷房が効きづらい…

光熱費が…


日差しで部屋が暑い…
夏バテ気味に…


風通しが悪くて
ムシムシ…


窓が開けられず
熱帯夜で眠れない…


家にいても
紫外線で日焼け…

家の中が暑くなるのは住まいに3つの原因が!?

原因1 窓・ドアから外気の熱が流入

住宅の中で最も熱の出入りが大きい場所は、窓・ドアなどの開口部。

全体の73%の熱が窓・ドアから入ってきており、この熱が室内の温度を上昇させるほか、室内熱中症の原因にもなります。

夏の暑さ対策は窓・ドアから入ってくる熱を遮断することが大切です。


原因2 風通しが悪いと部屋がムシムシ

部屋の暑さの原因のひとつが、風通しが悪いと室温が上がりやすく、空気も循環しづらいので、ムシムシして不快指数もアップ。

そんなときにうちわであおいだり、扇風機に当たったりすると涼しくなりますね。

秒速1mの風が吹き抜ければ、体感温度は1℃下がります。

風が部屋の中を自然に流れていくような工夫が大切です。


原因3 断熱性が低いと冷房効率がダウン

真夏日が続くような季節は、冷房もフル稼働。

でも、いくらつけても効きが悪くて室温が下がらないこともありますね。

直射日光が当たっている窓ガラスに内側から手を当ててみてください。

手のひらに熱を感じるなら窓ガラスの遮熱、断熱効果が低い証です。

内窓を取付けたり、窓ガラスの交換で解決できることもあります。

冷房も効くようになり、光熱費も大助かりです。

住宅の中で最も熱の出入りの割合が大きい場所は、窓・ドアなどの開口部で、全体の7割以上を占めています。だから、家の中を快適な温度に保つために、窓・玄関まわりのリフォームが非常に重要なのです。

室温の上昇を抑えて快適に、

また熱中症の予防にも

冷房を使う時間を

減らして体調管理

太陽光の紫外線を

カットし日焼け防止

日差しを遮り冷房なし
でも過ごしやすく。

断熱性が高いと
冷房がよく効き経済的。

冷房を消しても
朝まで涼しさキープ。


日差しが暑いを解決!!


外からの熱の侵入を抑え室内温度の上昇を防ぎましょう

夏の住まいの悩み解決!! おすすめ商品

日差しと風を適度に採り込むテラス屋根で一年中快適に

夏は高く強い日差しを遮り、冬は低く柔らかい光が奥まで差し込むテラス屋根。
太陽の光をほど良く採り込み、一年中心地よい空間を創りだします

進化した屋根パネル

サングラス、UVケア化粧品、衣服…屋外での紫外線対策は今や必須。でも、進化した屋根パネルはさらに欲張りです。
UVカットは当たり前、室内に明るい光をもたらしながら暑さは抑えたり、さらに汚れを防ぐ高機能パネルもあります。

ポリカーボネート屋根材で冷房効率アップ

採光性を保ちながら、熱線をカットするポリカーボネート屋根材で冷房効率アップ

※熱線吸収ポリカーボネート・熱線アクアポリカーボネートはオプションです。

標準装備している屋根材は、有害な紫外線をカットし、ガラスの約200倍の強度を持つポリカーボネート。

熱を効果的にカットする熱線吸収タイプ。日射による室内温度の上昇を軽減するから、夏の冷房効率がグンとアップ。冷房費が節約できます。

※同色のポリカーボネートと比較した場合。

熱線カット率が高く、日射による室内温度の上昇を軽減。さらに自然の力で美しさを保つ防汚機能が付きました。


★テラス屋根とスタイルシェードを組み合わせることもおすすめです。


テラス桁付

※画像は生地1枚仕様を2セット取り付けた状態です。

新商品 LIXIL テラスSC 6月発売予定!!

夏の暑さを和らげるアルミ屋根材

屋根にアルミ材を採用することで、直射日光をカットし、室内の温度上昇を抑えます。


部屋がムシムシを解決!!


風通しを良くして体感温度を下げましょう

しのぎやすい日は風を採り入れて涼しく過ごす

あまり暑くなくてしのぎやすい日は、窓をあけて風を通すようにすると体感温度が下がるほか、

こもった熱を放出するので、エアコンに頼らなくても過ごしやすくなります。

夏の住まいの悩み解決!! おすすめリフォーム商品

リフォーム玄関ドア リシェント

商品の詳細はこちらへ


開口部の断熱性を高めて快適・省エネに

夏の住まいの悩み解決!! おすすめリフォーム商品


窓ガラスは、遮熱、断熱効果があるものを選ぶ

エアコンの効きが悪いのは窓が原因かもしれません。昔から使われてき た単板ガラスは断熱性が低く、外部の熱が入りやすいのが弱点。ガラスを2枚重ねた複層ガラス、さらに特殊金属膜をコーティングした高断熱Low-E複層ガラス、遮熱高断熱Low-E複層ガラスは、遮熱性能、断熱性能に優れています。

短時間&簡単施工の内窓で、夏の暑い日差しをカット

暑い夏の日差しを遮断するには、遮熱高断熱Low-E複層ガラスを入れた内窓『インプラス』が効果を発揮します。
今ある窓の内側に取り付けるだけで、簡単に施工が完了します。


増加する台風の被害

昨今、夏の異常気象とともに気になる台風の被害。2018年は猛烈な強さ(最大風速54m/s以上)まで発達した台風が7個と、1977年の観測以来、史上最多の記録となりました(気象庁「2018年の台風について」)。それに伴い、住まいへの被害も起きており、台風対策の必要性が高まっています。住まいにとって危険なのは、台風の強風により飛ばされたものが窓ガラスにぶつかり割れてしまうこと。
平均風速が20m/s以上になると、看板の落下や屋根瓦などが飛ぶ被害が出始めます。強い台風では最大風速33m/s以上、猛烈な台風では54m/s以上にもなり、外装材の飛散をはじめ、極めて危険な状態になるのです。

台風対策のポイントは「シャッター・雨戸」。
窓まわりを強化することで、いざという時も安心です。

備えて安心 住まいの台風対策!おすすめリフォーム商品

窓に取り付けるだけのリフォームシャッターで台風&防犯対策

シャッターを取り付けることで、視覚的な侵入抑制効果も期待でき、防犯性アップ。
電動タイプや手動、採風タイプや耐風タイプなど充実のラインアップも魅力です。



リフォームシャッター

防犯、プライバシー、台風対策に。

商品詳細ページはこちらへ



※現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので目安とお考えください。
※商品の色は印刷の性質上、実物と多少違うことがあります。
※掲載しているアルミテラスはキャンペーン対象外商品になります。